ナース人材バンク /2交代制と3交代制の違い

2交替制のメリット、デメリット

 

2交替制は1日を2つの時間帯に分けたシフトです。日勤(朝8時ぐらいから12時間)と夜勤(夜8時ぐらいから翌朝までの12時間)が主流ですが医療機関によって異なります。

 

メリット

夜中の申し送りがなく夜勤時間帯も一定のペースで業務につける事。「やりやすい」と思う人が多いようです。また、一般に2交替の方が休日が増えます。

デメリット

労働時間が長くなる事。医療現場の事情によりますが看護師の負担が大きくなる場合があります。

 

医療機関それぞれの環境によって、かなり負担度が違うのが特徴です。それだけに内部の情報を得られるかが転職がうまくいくかどうかのポイント。ナース人材バンクのような看護師専門の転職支援サービスを利用し、個人では入手しづらい病院の実際の「勤務状況」「労働環境」を確認してもらうとよいでしょう。

 

3交替制のメリット、デメリット

 

3交替制は日勤、準夜勤、深夜勤と3つのタイムスケジュールでシフトを組みます。

 

メリット

勤務時間が短めで疲労が抑えられる事。主に8時間の就労時間ですが2交替制に比べて負担が少ない。

デメリット

病棟では申し送りといった引き継ぎ業務が頻繁で煩わしく、残業となる場合も多い事。

 

3交替制のシフトは各医療機関によってかなり差があります。中には3交替制といってももっと細かく時間帯を分けている所も。通常の求人情報では「2交替、3交替」の表示しかない場合が多く、実際のローテーションを確認しないと求人情報とのズレが多く発生しがちです。

 

2交替制と3交替制の求人情報の違いと特徴

 

現在の医療機関では3交替制が増えています。看護師も長時間勤務を嫌い、3交替制を希望する人が多いからでしょう。
ところが2交替を続けてきた看護師は逆に3交替は煩わしく、とくにシフトがバラバラで体調のペースが取りづらいといった意見が聞かれます。ママさんナースの場合は3交替で日勤、次に深夜勤などが入るとバタバタしてしまいます。また3交替だと結局休日も「勤務ペースの調整日」で終わってしまう人も。

 

求人情報では実際に大都市圏などでは特に3交替制が多いようです。シフト勤務の内情については一概に「2交替だから」「3交替だから」といった区分けで判断はできません。求人誌のシフトの情報はおおまかなもので、もっと具体的なシフトスケジュールを見てみないと自分にとって働きやすいかどうかはわからないでしょう。
ナース人材バンクのコンサルタントを通じて、こうしたローテーション勤務の実情を教えてもらう事が一番良い方法です。さらに自分のライフスタイルを客観的に判断してもらい2交替、3交替どちらが向いているのかもアドバイスしてもらうといいかもしれませんね。

 

>>ナース人材バンクでシフトの実績を知る