看護師が収入アップできる転職方法とは?

キャリアアップ転職を望むなら、人材紹介サービスがお勧め

看護師としてキャリアアップを望むなら、ぜひ「転職」でそのチャンスを掴みましょう。

ひとりでは客観的な判断がなかなか出来ないものです。

 

そこで担当コンサルタントが共にキャリアパスを描き、それを踏まえて実際の入職先を探してくれる看護師専門の人材紹介サービス(ナース人材バンク)への登録をお勧めします。

>>ナース人材バンクに登録する(無料)

 

人材紹介サービスを利用して「キャリアアップ」の為の転職を!

看護師のキャリアアップの具体的なプラン
認定看護師や専門看護師の資格を取得する

まず実務経験(5年以上)が必要なので、新卒で入職して5年目を目安にキャリアプランを考えましょう。今現在の職場が資格取得に協力的でなかったり、支援制度がないのなら、ぜひ転職を検討するべきです。

 

ナース人材バンクのような転職支援サービスを利用すれば、キャリアコンサルタントに「認定看護師の資格をその病院で働きながら取得した実績」といった現場の情報がわかります。資格取得支援を求人要項に掲載している病院は多いのですが、大事なのは「実際にそれが行われているか」という実績。こうした情報は個人では手に入りにくいだけに、キャリアコンサルタントのサポートを期待しましょう。

 

管理職をめざす

管理職をめざすという事は一定の規模の病院に勤めることがポイントになります。都心部の大規模総合病院ともなれば、各科ごとの師長だけでなく、総師長といった、かなり力のある地位(当然ながら高給与)に登りつめることも可能です。

 

しかし大規模病院は環境も整っており、実際にはなかなか好条件の募集が出てきません。人気の高い医療機関の求人は非公開になっている場合がほとんどですが、ナース人材バンクは非公開求人も多く持っているので、まずはコンサルタントに自分のキャリアプランや目標を伝えて相談しましょう。

 

また、既に充分なキャリアを持っている看護師ならば、転職で管理職に就く方法もあります。こちらもほとんどが非公開求人になります。

 

病院以外の選択肢の中でのキャリアアップ

例えば企業看護師や、医療機器メーカー、製薬会社等に勤めるといった転職です。一般的には夜勤のある病院勤務と比べて給与がダウンする傾向にはあります。しかし大手企業や、クリニカルコーディネーターとして活躍できると、一気に給与もアップします。ただし、看護師の転職先としては特殊でもあり、募集枠もあまりありません。一般求人誌やサイトでの募集はほとんど見かけないので、まずは看護師専門の人材紹介サービスに登録するのがポイントになります。

 

いずれにしても、今現在働いている職場でキャリアアップの展望が見えてこない、その為のサポートが受けられない、周囲の理解も得られないという事があれば、転職をして「キャリアアップ」していくのが最も効果的です。

>>転職で年収アップしたい人へのアドバイス

 

ナース人材バンクで「キャリアアップできる」転職をめざそう

  • コンサルタントと「明確な目標を立てたキャリアプラン」を立てられる
  • 支援制度などが充実している医療機関を紹介してもらえる
  • コンサルタントが積極的な支援と理解を得られるよう交渉してくれる
  • 医療機関の「ナースのキャリア支援」実績を見極めて選ぶ事ができる
  • キャリアアップに伴う「年収アップ」もコンサルタントが交渉
  • 自分の適性をコンサルタントに客観的に判断・分析してもらえる

ナース人材バンクの特徴として、コンサルタントが看護師という職種の専門性を熟知し、医療業界に精通しているという点が挙げられます。キャリアをアップさせるのは、何も「認定看護師」の資格を取るだけではありません。

 

例えば、ひとつのクリニックに長く勤めて、院長から家族同様の待遇を受け、破格の年収を得るというのも「キャリアアップ」のひとつです。あるいは離島ナースとして、医療機関のない地域で住民の健康を守るといった志もまた、ひとつのキャリアと言えます。

 

キャリアのプランも目標を立てることも、自分自身のライフプランとあわせて考える必要もあります。結婚や出産、親の介護といった環境の変化もある事でしょう。しかも現役の看護師ならば、日々多忙でじっくりと転職活動に取り組む時間じたいがないかもしれません。

 

ひとりではできない、カバーしきれない「転職活動」をすべてにおいてサポートしてくれるのがナース人材バンクです。登録も無料ですから、まずは一度、利用してみてはいかがでしょうか。

 

>>キャリアコンサルタントの利用方法を見る