ナース人材バンク /看護師 円満退職のコツ

「退職できない!?」円満に退職・転職するコツとは?

 

転職活動のなかでも退職に関する事は煩わしい手続きや医療機関側との遣り取りが多くあります。

 

円満に退職するポイント

・医療機関の退職プロセスをしっかり確認し転職の計画を立てる
・上司に転職の意志を早めに伝え理解してもらう
・事務的な退職手続きをスケジュール通りに行う

 

膨大な求人情報から自分の希望にマッチした入職先を探すのだけでもひと苦労ですが、実は意外と大変なのが「円満退職・転職」する事のようです。

 

医療機関側としては看護師の人手不足の中、離職をできるだけ留まらせたいという思いがあります。いざ転職が具体化すると病院のほうも必死で慰留します。それだけでなく「退職までの流れ」も各医療機関によって違いますから、手続きがスムーズに行かずに円満に退職できないといったトラブルが発生する事も。

 

転職活動中のトラブル

・退職届の書き方や提出期限などがわからない
・師長がつかまらず転職の希望を伝えるチャンスがない
・シフトが出た後に申し出たら次のシフト作成まで慰留されたため希望日に退職できなかった
・他にも退職者がいて強く慰留され、退職希望日が通らなかった
・引き継ぎの期間が定められている事を知らずに自分の希望どおりのスケジュールで退職できなかった

 

これらは実際に転職活動中の看護師が体験した事です。
またそれ以前にも「退職の理由や転職の事情」をどう上司に伝えるべきか悩む事もあるでしょう。

 

退職後の手続きとしても、住民税の支払い方や転職先の入職日との関係で一時的な離職になった場合の手続きなど、実際に転職活動をしてみると意外とわからない事が多く出てくるものです。

 

転職支援サービスを利用する

ひとりで対処していると滞りがちな手続きを助けてくれるのがナース人材バンクのような看護師専門の転職支援サービスです。

 

こうした退職までのプロセスを一緒にチェックしながら煩雑な退職手続きをサポートし円満に退社できるようナース人材バンクのコンサルタントが相談に乗ってくれます。一般に看護師専門の転職支援サービスというと「転職先」との交渉に注目しがちですが、退職にまつわる様々な手続きについてもコンサルタントがきめ細やかに対応してくれるので安心です。

 

現在の職場から「円満退社」する事も転職を成功させるポイントのひとつ。新しい入職先に希望通りの予定で入職ができるように、ナース人材バンクのコンサルタントの力を借りてスムーズに退職を進めていきましょう。

 

>>円満に退職・転職するためにナース人材バンクを利用