ナース人材バンク 学校、保育園、企業の求人

メリット

現在、学校、保育園、企業といった就業先が、家庭との両立を望む看護師から注目されています。
これらの求人では、カレンダー通りの休暇を取得できることが最大のメリットです。
通常、病院勤務では実現不可能な、日勤のみ・土日休み・4週8休以上・年休120日以上といった就業条件が多く見られます。土日祝日は学校や企業全体が休みのため、そういった休暇の実現が簡単になっているのです。この就業条件であれば子供の運動会に行けなかったり、大事な記念日に自分は参加出来ないといった我慢をしなくて済むようになります。

 

必要なスキル

人気が上昇している学校・保育園・企業の求人ですが、これらに転職する場合に不可欠なスキルが二つあります。それは、「それぞれの就業先でのコミュニケーション能力」と「感染症対応力」です。

 

まず、それぞれの就業先の特徴に合わせたコミュニケーション能力が必要です。
保育園での仕事では、小児特有のコミュニケーションが求められますし、保護者や保育士との会話もより重要となります。
また、学校での仕事では、小児よりも症状を伝える能力が向上していますが、身体だけでなく、メンタルヘルスにも気遣いが必要です。
企業でも、医務室を訪れる様々な社員とのコミュニケーション能力は求められます。場合によって、学校よりも繊細にメンタルヘルスへの配慮が必要なこともあります。

 

次に、感染症対策を責任を持って実施する、感染症対応力が必要となります。
保育園には、小児特有の感染症の危険がありますし、学校・企業でもインフルエンザやノロウィルスの流行時には先頭に立って感染症予防を指導する立場になります。

 

以上二つのスキルが必要とされますが、就業場所によっては、その他にPCスキルや救命救急スキルがあると望ましいとするところもあります。
看護師としてのスキルを磨くのであれば、大学病院への転職も視野に入れておくべきです。

 

求人の特長

学校、保育園、企業の求人は現在多くの人に人気があり、ハードルが高いように見えますがそうではありません。ブランクがあったり未経験であったりしても問題なく、研修が充実している就業先も多くあります。
ただ、休暇がしっかりととれて生活リズムが安定しますが、給与は確実に減ります。
給与が年収300〜400万円と病院勤務よりも少なく、非常勤となると年収220〜270万円程となります。
そのため、バリバリ働きたい看護師の方には向きません。しかし、仕事と家庭との両立を強く希望する方や夜勤や残業が多い生活リズムが自分には合わないと感じた方には、最適な職場になる可能性があります。もし、本当は看護師を続けたいのに現在の勤務に限界を感じているのであれば、職場を変えるだけで問題は解決するかもしれません。

 

 

>>ナース人材バンクの特徴をさらに詳しく調べる