ナース人材バンク / 看護師の働き方

看護師の働き方について

 

看護師の働き方も多種多様です。

 

主な看護師の雇用形態
  • 日勤専門
  • 夜勤専門
  • パートタイム
  • 派遣

 

働き方を変える(転職)に当たって

ナース人材バンクは看護師専門の転職支援サービスです。
看護師は一般的な事務職とは違った面がありますから、働き方を変える(転職)に当たっても専門の支援サービスを利用した方がうまくいくでしょう。ナース人材バンクを例にとると、自分の希望や条件を伝えるとコンサルタントがピッタリの求人情報を厳選し紹介してくれます。
医療機関の雰囲気や病院側の姿勢といった面もコンサルタントが実際に現場で確認して伝えてくれます。「条件は良かったけど入職してみたら雰囲気が悪くて……」こんなトラブルが避けられます。時給や年収、休日数など「雇用される側」からはなかなか言い出しにくい事もコンサルタントが間に立って全て交渉してくれる所も安心です。こうした事全てが無料で(医療機関側の負担)行ってもらえます。

 

働き方を変えるきっかけ

看護師も看護学校を卒業してすぐはともかくとして、キャリアが3年5年と積上ってくると「自分の働き方」についていろいろと考えるようになるでしょう。ある程度経験を積むと、「看護師としてのやりがい」を求めるようになります。スキルアップや特殊な科目分野での活躍をめざす事もあるでしょう。
また結婚をしたり、子どもが生まれたり、あるいは親の介護といった問題から働き方を見直さざるを得ない事もあります。
さらに現在の職場に対する不満・不安から「働き方」を積極的に変えようという場合もあります。

 

働き方を変えるときの障害

問題は現役の看護師は多忙であり、転職がそう簡単にはできないという事です。
働き方を変えるに当たっては、それぞれのライフスタイルに合った希望や条件があります。これらが叶う求人情報を見つけるのがまず大変です。さらに実際に医療機関側と年収をはじめとした交渉をするのはもっと大変です。

 

有利な条件で転職するには

さまざな働き方が選べる看護師ですが、より好条件で「長く続けられる自分らしい働き方」を実践できるような転職をしたいですね。
看護師は売り手市場と言われます。
しかし「自分を効果的に高く評価してもらう」「自分の希望どおりの働き方を叶える」事は難しいのが現実です。
ナース人材バンクのようなプロのコンサルタントのサポートを受ける事をお勧めします。

 

>>ナース人材バンクでコンサルタントのサポートを受ける