働きやすい求人やクリニックを見極めるポイントとは?

働きやすい求人やクリニックを見極めるポイント

 

看護師の転職や復職を成功させる最も重要なポイントは、自分にとって「働きやすい職場」を見つける事です。医療機関の外側の情報だけでなく内側の情報こそが「働きやすいかどうか」を見極めるポイント
ナース人材バンクのコンサルタントを通じてこうした情報を得て、自分に合った職場を見つけたいですね。
希望通りの働きやすい入職先を見極めるポイントをご紹介しましょう。

 

働きやすいかどうかを見極めるポイント
  • 外側の情報:(医療機関の規模、診療科目、年収や有給休暇などの待遇)
  • 内側の情報:(看護師同士の雰囲気、師長の人柄、実際の残業時間、研修制度の実施数など)

 

看護師、スタッフの人数は?

患者さんの人数に対して対応する看護師の数が少なければ、当然業務は多忙となり残業も多くなります。
単純に看護師数が多ければいいかという問題でもありません。例えば看護助手がたくさんいる、事務専門の担当がいるといったスタッフ数全体を見極める必要があります。通常の求人情報ではこうした内部の情報がわかりません。その点、看護師転職支援サービスのナース人材バンクならコンサルタントが医療機関のきめ細やかな情報を教えてくれるので安心です。

>>コンサルタントの利用方法・口コミ

 

希望終業時間帯の「患者数」は?

看護師の多くが「残業の少ない所、定時に帰れる所」を希望します。
ところが求人情報では暫定的な残業時間が提示されているだけで実際の看護師の労務状況がわかりません。
目安となるのは、定時(あるいは自分の終業時間帯)前後に医療機関にいる「患者数」です。クリニックを例にとると、定時になっても常に患者さんが残って順番を待っている状況なら残業は必須という事になるでしょう。ナース人材バンクを利用すれば内部情報をコンサルタントを通じて得られるという大きなメリットがあります。

 

現在の自分のスキルや環境に合わせて「働きやすい」職場か?

ブランクがあっての復職でスキルが不安、小さいお子さんがいるが働きたい、夫の休日に合わせて休める職場、転職や復職をする看護師ひとりひとりに事情や希望があります。ナース人材バンクではコンサルタントがそれぞれの事情を丁寧にヒアリング、希望をしっかりとまとめてくれます。さらに個々にあったアドバイスも。例えば結婚退職後、長いブランクがあって復職に対しての不安が大きい場合には、迅速な判断と対応が求められる外科系よりも内科系、ICU等の配置が考えられる総合病院よりも個人クリニックを勧めてくれます。

 

クリニックで働く事のデメリット

最近はクリニックで働く事を希望する看護師も増えているようです。
クリニックで働く事のデメリットをあげておきましょう。

  • 大規模病院と比べて時給や年収が低い傾向にある。
  • 最先端医療の現場を見る事ができない
  • スキルアップが期待できない
  • 産休など長期勤務の為の制度の採用が少ない

もちろんクリニック勤務ならではのメリットも多いので、充分に比較検討する事が大切です。

 

>>ナース人材バンクで自分に合った職場探し!