ナース人材バンク /看護師の転職方法や求人の違い

ナースの転職方法や求人の違い

 

看護師の転職方法は沢山あります。それぞれの求人方法にはメリットとデメリットがあるので比較してみましょう。

 

看護協会による求人情報

各都道府県にある看護協会では看護師の求人情報を閲覧したり、紹介を受ける事が可能。信頼性が高いのがメリットだが詳細な情報が得られないのがデメリットかも。転職の為の細かいフォローはないので、あくまで自分で転職活動をすすめていく事が前提。

 

ハローワーク

国の支援による公的な求職・求人機関。看護協会と同じく信頼性は高いが、ハローワークは看護師専門というわけではないので求人情報量が少ないのがデメリット。基本的に自分で探し、ハローワークの窓口での手続きをすませて病院と面接等の調整をするので大変。

 

人材紹介会社

人材紹介会社も沢山ある。
一般的な人材紹介会社よりも看護師専門の所であれば転職に関するサポートが強力。

 

医療機関のホームページ

病院などのホームページには看護師の求人が掲載されている所も。たくさんの病院のホームページをチェックするのは大変だし効率が悪い。

 

知人の紹介など

メリットは医療機関内部の詳しい情報を口コミで聞ける事。デメリットは知人の紹介だと曖昧な条件で入職したり、辞めづらい、交渉しづらいといった点。友人や知人と入職したいポイントが違うと、思ったような職場ではないという事も。

 

看護師専門の転職支援のメリット

 

看護師の転職は一般企業とは違う面がいろいろとあります。やはり看護師専門の転職支援がある所を利用した方がメリットが大きいでしょう。
代表例がナース人材バンクですが、一番のメリットは担当コンサルタントがつく事。
転職の希望を丁寧にヒアリングし、ぴったりとマッチした転職先をスピーディーに紹介してくれます。
自分では年収の交渉などこれから入職する医療機関とはやりづらいもの。待遇の改善や休日数などもコンサルタントが希望が通るように交渉してくれます。

 

またナース人材バンクのような転職支援サービス会社は高収入・好条件の非公開求人をたくさん持っています。実際に通常の求人情報誌に掲載されない求人こそ、待遇が良く収入も約束された「看護師が求めている」求人情報です。非公開求人の紹介を受けられる事もナース人材バンクを利用する大きなメリットと言えるでしょう。

 

>>看護師専門の転職支援サービスはナース人材バンク