ナース人材バンク / 訪問看護師の求人

訪問看護師とは

一定の看護師経験を積んだ後で人気が高いのが「訪問看護師」です。

 

訪問看護師として働くメリット
  • 高齢者は増える傾向にあるのでキャリア形成として将来性のある分野である事。

    訪問看護の認定を取るといったキャリアプランもある。

  • 日勤のみ、土日休みが多い。休日数が多い事。
  • 患者やその家族と深くコミュニケーションがとれるので、看護をしているやりがいや充実感を感じられる。
  • 夜勤がない状態でも比較的給料が良い。

 

訪問看護師の就業環境
  • 1日数軒〜5軒程度の自宅や施設を訪問
  • 業務は医師の指示による医療処置、在宅リハビリの介助、認知症のケア、療養上のお世話、ターミナルケアなど多岐にわたる
  • 医療介助といった事以外に主治医との連絡や看護記録、患者の家族とのコミュニケーションといった様々な分野における業務がある
  • 事務作業も一般的な病院業務より訪問看護師の方が多く、保険などの知識も必要になる
  • オンコールが24時間対応の場合とそうでない場合ではかなり就業環境が変わる

※特に最後のオンコールの状態について訪問看護師を希望する場合は要チェックと言えるでしょう。

 

実際の求人例

都内訪問看護師
  • 雇用形態:常勤
  • 勤務時間:日勤(9:00〜18:00)
  • 給与:月給34万〜
  • 休日休暇:土日休み

 

都内訪問ステーション看護師
  • 雇用形態:常勤
  • 勤務時間:日勤(9:00〜18:00)
  • 給与:年収450万〜 各種手当あり
  • 休日休暇:完全週休2日制、年間123日、年末年始休暇、GW休暇あり

 

実際に見てわかるように、やはり日勤で休日数が多いので夜勤シフト勤務がきつい、急性期の対応に向いていないといった人にはお勧めです。

 

その特徴としては、自宅を訪問し患者さんを看護するという特殊な環境の中で患者さんのみならずその家族とも深い関係性が生まれるといった事があげられます。患者さんの人生に看護師という立場でありながら「1対1」でかかわり合う場面も出てきます。そこに看護師として寄り添う事に充実感を覚えるか、重圧感を感じるかで向き不向きといった面はあるでしょう。
いずれにしても、

 

  • 雇用条件が良く働きやすい
  • 看護ケアにやりがいを感じられる

 

といった意味合いからメリットも大きく、特に訪問看護師への転職を希望する人も多いようです。
ただ、訪問看護ステーションや医療機関の状況によってかなり雇用環境が違います。それだけに転職をする際には、特に事前のリサーチと待遇面などの交渉が重要になります。
ナース人材バンクでは訪問看護師の求人数も多いと同時に、コンサルタントが転職したい人の希望を丁寧にヒアリングし、看護ステーションの現状を詳細に確認した上でマッチングしてくれます。

 

>>訪問看護師の求人数も多いナース人材バンク