ナース人材バンク / 看護師の副業

看護師でも副業が出来るクリニックでの勤務

看護師で副業をするのは難しいと思う人が多いかもしれません。確かに夜勤のある総合病院や大学病院では副業をするのは困難です。クリニックであれば常勤であっても副業することが可能です。

 

クリニックと大規模な病院の違い

クリニックでは総合病院ほど福利厚生が充実しているとは言えません。また、まとまった有給を取りずらいなどの欠点もあります。しかし自分のやりたいと考えている仕事が出来る事や看護師間で都合を合わせて休みを取ることが出来るなどのメリットがあります。
産婦人科クリニックなど特殊な例を除けば、残業もなく定時で帰宅でき土日の休日もしっかりもらえるので、空いた時間で副業することも考えられるでしょう。

 

看護師の副業はどんなものがある?

普段看護師として働いている人は、休日である土日に働く人が多いです。また平日の昼間クリニックで働いている看護師は夜勤専従で病棟勤務を副業にしている人もいるようです。
副業の種類は人それぞれですが、派遣での健康診断やイベント会場の医療スタッフなど看護師の立場を活かした仕事が好ましいかもしれませんね。

 

 

総合病院や大学病院勤務での副業

まず注意しなければならないのが、総合病院などでは副業を禁止している場合もあるという事です。就職前には必ず確認しておきたい項目ですね。また夜勤や残業が多く不定期な勤務では副業をするのが大変だと思われます。

 

プライベート(自宅)で行える副業

最近増えてきたインターネットでのアルバイトの一つで、レビューやアンケートへの記入や、キーワードに沿った記事の作成というものがあります。決められた期日以内であればいつでも仕事が出来るので、不定期で働いている看護師にはピッタリの副業かもしれません。

 

看護師のスキルを活かした短期派遣のバイト

看護師が必要な場所は病院以外にも数多くあります。例を挙げると特に夏場が多いのですが、イベントやコンサートなどで熱中症の患者をよく見かけます。このような会場には必ず医療が整った場所が設けられているので、このような場所に短期で働くこともできます。

 

このように看護師には病院以外にも様々な活躍の場があります。副業をきっかけに転職を考える看護師も少なくはありません。今の職場に不満を感じているのであればナース人材バンクで副業が出来る病院の求人を探してみてはどうでしょうか。

 

 

>>ナース人材バンクってどう?評価と口コミ大公開!はこちら