訪問看護のパートってどう?

パートでの訪問看護に関するQ&A

訪問看護師のパート平均時給はどれぐらいですか?

地域差、ステーションの規模等によりかなり差が出ています。一般的には1,500円〜1,700円ぐらいでしょうか。ただ高齢者医療が増加している現況で、看護ステーションの求人需要も高まり、結果として時給は高まる傾向にあります。

パートと正社員で待遇はかなり違いますか?

訪問看護ステーションごとに大きな差があるようです。優良な大手ステーションだと正社員と同じく全てが支給で、訪問看護に使用する車両も用意されていたり、違いは「ボーナスの有無」ぐらいという所も。いっぽうで制服以外は全て自腹で用意させられたとか、訪問で使用する血圧計からステートなども自前、自家用車を利用しても保障もなし、という場合もあります。

 

パートとしての採用条件だけでなく、実際の業務内容等を事前にしっかりリサーチしておく事が大切ですが、これはひとりではなかなかわかりません。こういう「内部情報」「実際の現場の状況」は、ナース人材バンクのコンサルタントに調べてもらい、パート待遇の良いステーションを探してもらうのがベストと言えるでしょう。

どんな人が訪問看護師に向いているのですか?
  • ひとりひとりの患者さんに寄り添う丁寧な看護をしたい人
  • 夜勤や過酷なシフト勤務が辛い人
  • ひとりで責任を持って業務にあたりたい人

訪問看護では患者さんだけでなく、その家族との交流もあります。

丁寧なケアと状況に応じてひとりで判断する能力も求められます。

子育て中でも訪問看護師として働けますか?
  • 深夜オンコールの有無
  • 週末勤務の有無
  • 同じく育児中で就業しているナースが多いかどうか

このあたりがチェックポイントになります。家族の協力や託児所等の環境によっても違うと思いますが、幼児のお子さんがいる場合には難しい所もあるでしょう。ただ、看護ステーションは女性が多い職場で、ママさんで働いている人が多い職場ならばお互いに「子どもの行事、病気」の時に助け合えるといったメリットがあります。(参考:ママさんナースの復職方法

 

求人情報だけでは、ママさん看護師の割合や、オンコールの頻度などわかりづらいので、ナース人材バンクのコンサルタントに詳細を教えてもらいパート先を選ぶのがポイントです。

車の運転ができないと訪問看護師になれませんか?

基本的には必要です。看護ステーションの社用車を利用して、各家庭を回ります。ただ、地域の範囲や都市部などでは、自転車等で家庭を回る所もあります。運転ができない場合には求人の幅が狭くなるので、求人が見つかりづらいかもしれません。看護師専門の転職支援サービスで、運転免許がなくても出来る看護ステーションの仕事を探してもらう方がいいでしょう。

看護師経験が短くても訪問看護師になれますか?

訪問看護ステーションで多いのが「看護師としての経験が3〜5年以上」という条件です。しかし看護ステーションが急速に増加している現在では、もう少し条件がゆるくなっている所も増えています。

 

ただ、実務経験が少なかったり、「眼科で3年のスキル」といった専門領域のみの経験値だと、実際に訪問看護師として現場に入った時に自分自身が苦労をする面は否めません。未経験や実務経験の少ない人にも先輩看護師がついてしっかり指導してくれたり、サポートしてくれる看護ステーションを選んで転職するようにしましょう。

人材紹介サービスを利用して訪問看護師に転職するメリットは?
  • これまでの経験を考慮して働きやすいステーションを探してもらえる
  • 勤務形態(オンコールの有無や受け持ち件数なども含めて)を詳しくリサーチして事前に教えてもらえる
  • 出勤日や時給等自分ではなかなかしづらい交渉を代行して行ってくれる
  • 環境の整った好条件の看護ステーションを紹介してもらえる
  • パートの詳細な条件(扶養枠で働きたいなど)をステーション側ときちんと契約してもらえる

>>働きやすい求人やクリニックを見極めるポイント