【体験談】転職に失敗した人

雰囲気の良い職場探しにナース人材バンクを利用

かすみ(仮名)さん 20代女性/名古屋/正看護師/看護歴3年 のケース
勤続年数を重ねるうちにスキルアップに不満を持つように。
昇給がほとんどなくなり、年収についても不満がたまるように。

 

転職前の就職先 小規模の私立一般病院

看護学校を卒業してすぐに入職したのがベッド数130という比較的小規模の私立一般病院。診療科目も内科や外科など5科目で看護師数が100名以下でした。
最初はアットホームな雰囲気に惹かれたのですが、新人教育制度も確立しておらず、さらに勤続年数を重ねるうちに看護師としてのスキルアップについて不満を持つようになりました。
しかも昇給がたった3年目にしてほとんどなくなり、年収も大規模病院と比べて不満がたまるように。

 

私の転職活動

4年目を前にして転職を決意しましたが、現在より収入がアップし、ある程度の規模のある病院でキャリアアップ支援がある所となるとなかなか条件に合った医療機関が見つかりません。私の場合は寮住まいという事もさらにネックになりました。
そんな中、病院の事情で師長が突然変わり、院内の雰囲気も激変。アットホームどころか少人数なだけに雰囲気が悪くなるととたんにギスギスして職場に行くだけでもストレスを感じるように。早く転職したいと思うあまりに寮があり、すぐに入職できればいいと思って募集を見かけた中規模病院に入職しました。

 

転職後の就職先 中規模病院

ところが事前に聞いていたのとは違い、スキルアップ研修とは名ばかり、実際には現場が忙しくて研修に参加したナースもいません。年収も上がるどころかシフトがきつくなって休日数が減ったというのにほぼ同じレベル。パンフレットに出ていた寮の写真はいったい何年前のものやら、5階建てでエレベーターなしの古くて汚い所でした。
入職してから「しまった」と思いましたが後の祭り。

 

転職に成功した同僚

実は同時期に前病院から転職した同僚がいるのですが、彼女は希望どおり年収が60万アップ、療養型病院に入職し「急性期と違ってひとりひとりとじっくり向き合って看護ができるから自分に向いている、年収もアップしたし福利厚生も手厚くてすごく満足」という話しを聞いてうらやましくなりました。

 

彼女が利用したという看護師専門の転職支援サービスはナース人材バンク。「希望を聞いてくれるだけでなく、将来のキャリアプランとかも一緒に考えてくれて、それにマッチした入職先をピンポイントで探してきてくれる、病院側にもこれまでのキャリアをアピールして年収アップの交渉もしてくれた」だから転職に成功したんだとか。

 

同じ言葉を使うなら、まさに私は「転職に失敗」。思いつきとその場しのぎで「とりあえず」の転職をしてしまったのが失敗の原因のようです。

 

>>ナース人材バンクで失敗しない転職!