ナース人材バンク / 「夜勤アリ」のメリット・デメリット

「夜勤アリ」のメリット・デメリット

 

看護師の転職や復職で大きなポイントになるのが「夜勤がありか、なしか」です。
夜勤アリの場合のメリット・デメリットを比べてみましょう。

 

夜勤アリのメリット

時給、年収が高くなる。

夜勤に入ると単純に考えても数万から十数万近く手取り額面が上がります。

平日の休みを有効に使える

夜勤明けは平日の休みなので買い物やレジャー施設なども空いているので上手に利用すれば便利です。

常に求人が多いので求職者側の選択肢が広がる

夜勤あり勤務では看護師が常に不足しています。求人情報が多く出ているので、選択肢が広がります。

 

夜勤アリのデメリット

シフトによっては疲れがとれず大変

2交替、3交替などでも違いますし、医療機関によっても差があります。日勤、早朝、深夜、遅出、そして休日、など不規則なシフトパターンだと疲れが取れずにストレスがたまるという人も。

ライフスタイルが乱れる

夜勤明けの疲れが取れなかったり、睡眠がうまく取れずに終日家で過ごす事になる人もいます。ライフスタイルが乱れて、ペースがうまくたてられずに体調を崩す場合も。

少ない人数の事が多く現場が過酷で辛い

夜勤担当の看護師数が少ない場合があり、昼間よりずっと多忙という医療機関もあります。

 

リアルな情報が成功の鍵

問題はこうした情報が、求人誌に掲載されていない点でしょう。また詳細情報が掲載されていても、実際の現場とのズレはよく聞かれる事です。
転職を成功させるためには、細かい内部の「リアルな情報」を得なくてはなりません。個人ではなかなか難しいのですが、ナース人材バンクのような転職サービスを利用すれば担当コンサルタントが細かな情報を入手してくれます。
ナース人材バンクのコンサルタントは自分で実際に医療機関に行き、現場の雰囲気と共に「夜勤のシフトに何名の看護師が入っているか」「シフトの希望はどれぐらい通るのか」といったポイントをしっかりチェックしてくれます。

 

交渉はコンサルタントに任せる

夜勤手当も地域や医療機関によって大きく差があり、また交渉次第で数千円単位で変わってきます。
年収や時給の交渉や、待遇面については、これから入職する側としては少々やりづらいもの。ナース人材バンクのコンサルタントは看護師転職の専門ですから医療機関との交渉も長けており、安心して任せられます。

 

>>ナース人材バンクでリアルな情報提供を受ける